DIREZZA CHALLENGE 2018

2018.10.7 美浜サーキット

CLASS 1 総合結果

順位 ドライバー エントリー車名 型式 エリア タイム
練習走行 セッション1 セッション2 セッション3 Gap
1 牧田 祐輔 マキタスピードIDI速心DC5 DC5 静岡県 45.117 45.444 シード 45.514
2 安藤 広真 Rz-factory FD2 FD2 愛知県 45.288 45.539 45.704 0.190
3 西坂 亮太 ストラダーレ EP3 EP3 愛知県 46.083 45.858 45.963 0.259
4 杉本 達至 ストラダーレ FD2 FD2 岐阜県 45.702 45.977 46.131 0.168
5 廣畑 旭嶺 GarageCronosストラダーレEK9 EK9 愛知県 46.043 45.979 46.154 46.202 0.071
6 磯野 雄太 ストラダーレFD2 FD2 愛知県 45.534 46.055 46.447 46.296 0.094
7 長谷川 正 S1エク 111 愛知県 46.236 45.866 シード 46.368 0.072
8 清水 貴史 FD2@teAM TRY FD2 愛知県 46.737 46.993 46.67 46.959 0.591
9 岩田 亜沙子 suemazda カナテグラ DC2 DC2 愛知県 46.825 47.280 47.233 47.733 0.774
10 石井 宏尚 Suemazda FD2 DC2 愛知県 計測出来ず 46.935 47.26
11 藤堂 之布 ナイトー自販MR-S ZZW30 広島県 47.528 47.270 47.272
12 茂利 大輔 ゼロ円スターレット EP82 広島県 49.740 49.693 49.646
13 安本 悠人 ムラクモレーシングロードスター ND5 静岡県 49.461 49.227 49.763
14 加茂 新 REVSPEED加茂ZC33S ZC33S 神奈川県 49.964 50.038 50.118
15 崎田 健二 J01R AE111 AE111 滋賀県 51.519 50.731 50.771
16 山本 訓生 プレ1&3号 BB4 愛知県 51.281 51.666 52.238
17 山本 拓 シビックtype R FD2 FD2 石川県 47.765 DNS
和賀登 基文 Rz-Factory&Suemazda CR-X EF8 愛知県 1:01.211 57.324 45.582 45.464

*和賀登選手のCR-Xは再車検で触媒が装着されていないことが確認されたため失格とした。

CLASS 2 総合結果

順位 ドライバー エントリー車名 型式 エリア タイム
練習走行 セッション1 セッション2 セッション3 Gap
1 可児 敬 マッハロッドS2000 AP1 千葉県 45.681 45.523 シード 45.619
2 河合 大作 ストラダーレLMGTS2000 AP1 愛知県 45.280 45.676 45.669 0.050
3 梅野 健太 百式自動車S2000 AP1改 神奈川県 45.575 46.154 46.005 45.740 0.071
4 内藤 頼重 ASナイトウSPM-S2000 AP1 広島県 45.262 45.476 シード 45.741 0.001
5 宮地 律明 S2000 AP1改 東京都 46.183 45.707 45.778 0.037
6 前川 尚司 前川自動車S2000 AP1 石川県 45.382 45.726 45.863 0.085
7 加藤 寛 ストラダーレS2000 AP2 岐阜県 45.702 45.998 45.988 45.904 0.041
8 佐鳥 隆志 ARVOU Cha.AP1 AP1 群馬県 46.045 46.649 46.679 46.581 0.677
9 宮田 剛史 JFSPEED☆ ミヤータつよし NCEC 神奈川県 46.569 46.687 46.553 46.609 0.028
10 加納 剛朗 ラック★アイリード 86 ZN6 愛知県 46.433 46.802 46.985 46.775 0.166
11 谷口 和也 ストラダーレGT86 ZN6 愛知県 47.215 47.717 47.460
12 鈴木 博司 NAVUL 86 ZN6 愛知県 47.508 47.532 47.560
13 秋本 拓自 Garage4413☆ 72☆ Z Z33 東京都 47.736 47.710 48.042
14 三好 悠太 HOOPTYロードスター NCEC 広島県 47.555 48.137 48.110
15 山屋 直輝 86Racing改 ZN6 愛知県 47.422 47.854 48.119
16 今福 瑞樹 Rz-factory86AT ZN6 愛知県 47.774 48.316 48.340

CLASS 3 総合結果

順位 ドライバー エントリー車名 型式 エリア タイム
練習走行 セッション1 セッション2 セッション3 Gap
1 竹内 大樹 ZENT_E RX-7 FD3S 愛知県 44.548 44.661 シード 44.760
2 川上 貴宏 N-one RX-7(黒) FD3S 広島県 45.153 45.330 45.128 0.368
3 海老 一輝 ストラダーレ RX-7 FD3S 岐阜県 44.793 45.334 45.204 0.076
4 川口 修司 スエマツダRX7 Rz-Factory FD3S 愛知県 45.273 45.723 45.483 0.279
5 内藤 浩文 TOPFUEL Arena RX-7 Rz-f FD3S 愛知県 DNS 46.437 45.729 45.788 0.305
6 守澤 友晴 前川自動車S15しろびあ S15 石川県 45.543 45.741 46.159 45.810 0.022
7 塩出 尚久 テラレーシングs15 S15 愛媛県 45.829 46.089 46.484 46.005 0.195
8 山口 聡 Ola2 Exige 1117 愛知県 45.800 46.127 46.068 46.284 0.279
9 久野 彰久 ルブロスCIランドMR2DXL SW20 愛知県 46.945 46.884 46.564 46.901 0.617
10 中田 太初 テラレーシングs15シルビア S15 和歌山県 45.070 45.723 シード 47.342 0.441
11 鈴木 要 ロータスエキシージ イチゴ 1117 愛知県 46.719 46.296 46.749
12 三浦 茂人 ワーキーメイト☆86s ZN6 愛知県 46.193 46.596 46.753
13 高柳 崇 タイヤボックスEgMシルビア S15 愛知県 46.017 DNS
14 堀尾 高志 ホーリーfd3s FD3S 愛知県 DNS エンジントラブル

CLASS 4 総合結果

順位 ドライバー エントリー車名 型式 エリア タイム
練習走行 セッション1 セッション2 セッション3 Gap
1 石川 慎一郎 TS-S☆ AZUR☆ ランサーエボ9 CT9A 愛知県 43.485 43.310 シード 43.034
2 石原 賢二 ZEAL by TS-Sランサー紅号 CT9A 愛知県 43.636 43.644 43.652 0.618
3 加藤 大輝 ガレクロReismランサー CN9A 愛知県 43.953 44.010 44.085 0.433
4 中園 佳幸 TS-S☆ ランサーエボ10 CZ4A 愛知県 45.014 44.833 44.734 44.901 0.816
5 木原 雄祐 オートスポーツナイトウCT9A CT9A 広島県 44.560 44.564 44.545 45.152 0.251
6 山本 大輔 OZAMI GVB GVB 香川県 45.103 45.236 45.268 45.634 0.482
7 多谷 雅樹 GT-R R35 R355 石川県 45.436 45.249 45.442
8 武内 浩樹 まめぞ〜CT9A CT9A 愛知県 DNS ラジエタートラブル

CLASS OPEN 総合結果

順位 ドライバー エントリー車名 型式 エリア タイム
練習走行 セッション1 セッション2 セッション3 Gap
1 寺浦 之裕 テラレーシングCZ4A CZ4A 奈良県 43.306 43.231 シード 43.491
2 内藤 源氏 ナイトー自販スピードMランサー CT9A 広島県 43.462 43.663 44.462 43.633 0.142
3 中田 明善 N-one RX-7 FD3S 広島県 44.818 45.133 45.53 44.189 0.556
4 田辺 貴敏 ストラダーレ☆ランサー銀色 CT9A 愛知県 44.129 44.388 44.816 44.497 0.308
5 尾崎 光義 トトまるエボ6 よろしくです CP9A 愛知県 45.236 45.358 46.370
6 渡辺 千博 alivolo ちいハイパーEG EG6 岐阜県 48.313 48.144 49.059

 

申込み

お申込みは、下記の「WEB申込みフォーム」、もしくは「FAX申込み用紙」をダウンロードのうえFAXにてお申し込みください。

DIREZZA CHALLENGE 2018 最終締切りは9月7日(金) です。
参加台数はトータル80台で申込み状況によってクラスごとの台数を変更します。


WEB申込み

下記「WEB申込みフォーム」から、必要事項を入力の上、お申込みください。

FAX申込み

下記「FAX申込み用紙」をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、事務局にFAXをお送りください。
※各大会の申し込み締切日は「必着」としますので、ご注意ください。

FAXお送り先/ DUNLOP DIREZZA CHALLENGE事務局
FAX番号/ 03-6795-7441
受付時間/ 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

※申込みの受付は終了しました。

※申込みの受付は終了しました。


申し込みスケジュール

・8月6日(月)  受付開始
・8月17日(金) 一次申込み締め切り
・8月20日(月) 一次エントリーリスト公開
・9月7日(金)  最終締め切り
※一次締切で、定員を超えた場合抽選となる場合がございます。

費用

費用18,000円
※お振り込み完了で正式受理とさせて頂きます。
※申し込み後7日以内にお振り込みください。
※上記の参加費の他、サーキットによっては入場料や駐車料金がかかる場合があります。
※参加費にはタイム計測、昼食が含まれております。

参加規定

すべての規則は参加されるドライバーの安全を確保し大会を楽しんで頂くためのものです。
本大会の規定・参加資格及びレギュレーションを熟読し、内容を理解、遵守の上ご参加ください。
遵守頂けない場合はイベントの当日であっても出走をお断りすることがあります。
(その場合、参加費の返金は致しかねます)
参加規定などご不明な点については大会事務局までお気軽にお問い合わせください。

競技方式

変則ノックダウン方式(各クラス 16台を募集)

セッション1 16台が出走。上位5台がセッション3へジャンプアップ
※コースによってセッション1はグループ分けします。
セッション2 11台が出走。上位5台がセッション3へ進出
セッション3 10台が出走。このセッションのタイムで順位を決定

順位の決定

各クラスごとに毎セッションのタイムが速い順に順位付けを行い、セッション3でのタイムが一番早い選手が、当該大会の優勝者とする。

但し同一タイムの場合は以下の順とする。
1.各ヒートのセカンドタイム(ベストタイムの次に速いタイム)が速いもの
2.排気量が少ないもの
3.大会主催者の決定

募集台数

合計80台/各クラス20台
※クラス毎の走行台数は申し込み数により調整させて頂く場合があります。
※タイム計測付です。参加者の助手席に人を乗せて走行することはできません。

参加台数に対する各セッション台数の調整に関して

参加台数 12台以上 セッション1 5台勝ち上がり
セッション2 5台勝ち上がり
セッション3 10台出走
参加台数 8〜11台 セッション1 3台勝ち上がり
セッション2 3台勝ち上がり
セッション3 6台出走
参加台数 7台以下 セッション1 1台勝ち上がり
セッション2 3台勝ち上がり
セッション3 4台出走

但し、参加台数6台以下の場合に限り、セッション2不通過の車両も賞典外出走を許可する。

クラス分け

クラス1 排気量1900cc以下の車両及びすべてのFWD車両。*過給器付きは排気量×1.4を排気量とする。
クラス2 排気量1901cc以上でNAエンジン搭載のRWD車両
クラス3 排気量1901cc以上で過給器付きエンジン搭載のRWD車両
クラス4 排気量1901cc以上の4WD車両
オープンクラス 排気量を問わず改造範囲の広いクラス

※主催者がスーパースポーツカーと判断した場合、参加クラスを変更していただくことがあります。

レギュレーション

1 車両レギュレーション

DIREZZA CHALLENGE 2018(DZC2018)はナンバー付きの車両が前提。
車検の有効期間も触媒装置も必要です。但し、サーキットに到着してから車高を調整したり、シートを外したりといった改造は可とする。レギュレーションをご確認の上、ご参加下さい。

<基本的な参加条件>
*有効な車検証の原本があること。
*触媒が装着されていること。
*オープンカー及び軽自動車はロールバーを装着していること。
(頭が出なければ純正ロールバーでも可。但し幌は閉めて走行すること)
*フェンダー等を改造し車幅が変更されている場合は車検証記載が必要。
*車検証に記載されている型式のエンジンを搭載していること。
*音量はサーキットの規則に適合していること。

車両改造に関する詳細

1-1 装着タイヤ 装着タイヤはダンロップ製品であること。
但し、Sタイヤ(02G、03G)及びβ02は省く。
DIREZZA ZⅢをはじめとする回転方向のあるタイヤやアウト・インがあるタイヤを装着する場合は、刻印通り正しく装着されていること。
1-2 GTウイング、アンダーパネル
及びリップスポイラー
GTウイングの幅は1500mmまで(5ナンバー車両は1400mmまで)。
取り付けの高さは車両の全高、全長を越えてはならない。
アンダーパネルは5mm以上の厚みを有する材料を使用し、先端部が
鋭利な形状になっていないこと。3mmの材料をゴムなどでカバーし厚みを増やすことは可とする。
せり出し量は、バンパーに沿って50mmまで。車幅からのハミ出しは不可
1-3 カナード カタログにてメーカーが車検対応を保証しているパーツは装着可とする。
厚み5mm以上(アンダーパネルと同様)の鋭利なエッジを持たない脱着可能なカナードについては車幅を超えない限り取り付け面から100mm幅までの張り出しは可。
1-4 ドア、ウインドウの改造、変更 ウインドウの変更(アクリル等)は乗車定員を変更していても一切不可。
従来は変更可としていた、4ドア車の後ドアの変更も不可。
1-5 エンジンフード、トランクリッド、
ルーフの材質変更
材質変更は可。2ドアクーペや3ドア等のリアハッチはトランクリッドと同等と見なす。
しかし、ウインドウの材質変更は不可。
1-6 内装の変更・改造 ドアの内張や内装の変更は可。しかし、安全性が損なわれているものは不可。
*詳しくはレギュレーション説明ビデオをご覧ください。
1-7 フレームの改造 強度低下の可能性がある改造は認めない。
1-8 バッテリー等パーツの移設 バッテリーを車室内に移設する場合、強固なステーで固定しアルミやカーボンなどの不燃素材で強固な隔壁を設けること。
燃料タンク外にコレクタータンクを装着する場合も同様の隔壁が必要。
1-9 タイヤのハミ出し フェンダーのトップにタイヤ、リムの上部が収まっていること。
フェンダーモールは片側10mm未満まで。
ガムテープなどで簡易的にカバーした物は不可。
1-10 ミッションの変更 ギヤ比の変更は自由。但しシーケンシャルミッションへの変更不可。
1-11 灯火類 補助灯を省く灯火類はすべて正常に作動すること。
1-12 レース用触媒 レース用触媒(マフラーの出口に装着するタイプ)は不可。NOSの取り付けは禁止。
1-13 オーバーフェンダー オーバーフェンダーは片側50mmまでとする。
1-14 オープンカー及び軽自動車 オープンカーはハードトップの装着またはロールバーの装着が必要。
但し、NC型以降のロードスターやS2000など乗員保護のバーが純正装着されている場合は、幌を閉めた状態で走行可とします。
軽自動車はルーフ形状に拘わらず4点式以上のロールバーが必要。(S660は省く)

2 オープンクラスの車両レギュレーション

DIREZZA CHALLENGE 2018(DZC2018)では、どうしても車両レギュレーションの規定に合わない方や、拘りの仕様を変更したくない方にもご参加をいただけるよう、車両レギュレーションの規定を緩めたオープンクラスを設定しています。オープンクラスには、排気量分けはありません。

具体的な改造点

2-1 GTウイング・カナード 車幅をハミ出さなければ可
2-2 アンダーパネル・
後付けリップスポイラー
バンパーの先端から全長方向に50mmまでのせり出し可
2-3 ドア・ウインドウの変更 運転席及び助手席のドア・ウインドウは変更不可。
2-4 ミッションの変更 シーケンシャルミッションへの変更可
2-5 灯火類 ヘッドライト、ウインカー等の灯火類が作動すること。
2-6 触媒装置 レース用の触媒装置でも可
2-7 NOS 当日の車検で取付方法が危険と判断された場合は不可。
2-8 燃料タンク等の移設 燃料タンク、オイルタンクを室内に移設することは出来ない。
S2000などは隔壁を設けないとトランクルームも室内と見なす。

賞  典

各クラス上位3名にトロフィーと副賞を授与いたします。
参加台数によって、贈呈される賞品が以下のようになります。

クラス参加台数 賞品贈呈
10台以上 6位までに贈呈
7~9台 5位までに贈呈
4~6台 1位~3位に贈呈
1~3台 1位のみに贈呈

協賛各社

お問合せ

主催 DUNLOP DIREZZA CHALLENGE事務局
TEL:03-6795-5757 / FAX 03-6795-7441
受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日を除く)
E-mail:direzza@d-rights.co.jp
運営 株式会社電通名鉄コミュニケーションズ D-Rights
後援 住友ゴム工業株式会社

お問合せフォーム