DIREZZA 88R

リム径(inch) 偏平率(%) タイヤサイズ 6桁コード タイヤ寸法(mm) 標準リム幅(inch)
DT-R DT-L 外径
15 60 185/60R15 84Q ▲296277 ▲296275 609 183 51/2
65 ★185/65R15 92Q 331738 331737 636 191 51/2
★195/65R15 95Q 331736 331735 647 201 6
205/65R15 94Q 331734 331733 647 212 6
14 65 185/65R14 86Q ▲296281 ▲296279 609 192 51/2

チューブレスタイプです。
▲=DIREZZA 87Rです。
注)「DIREZZA 88R」「DIREZZA 87R」は非対称方向性パターンを採用しています。DT-Lは左専用、DT-Rは右専用です。
装着の際は、サイド部の「INSIDE(内側)」「OUTSIDE(外側)」及び回転方式を示す矢印(←)
ローテーションマークをご確認の上、その指示通りに装着してください。
★=EXTRA LOAD規格(負荷能力強化タイプ)です。
【EXTRA LOAD規格について】
空気圧および負荷能力をスタンダード規格の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格のことです。この規格のタイヤサイズは、スタンダード規格の同一タイヤサイズに比べ、ロードインデックスが高くなります。また、同一タイヤサイズでも空気圧に対する負荷能力を維持するためには、スタンダード規格のタイヤに比べ、高い空気圧が必要となります。当社では、輸入外車用としてEXTRA LOAD規格のタイヤサイズをラインナップしています。

  • リム変形、サイドカットなどの発生が予想される場合には、チューブレスタイプでもダンロップのラリー専用チューブをご使用ください。新品タイヤには、新品チューブを使用してください。チューブはタイヤサイズと同一サイズ表示のあるもので、バルブは車両およびホイールに適合するものを使用してください。
  • リムガードが設けられたタイヤは、リムとのかん合上、専用リムをご使用ください。
  • チューブレスで使用する時には、ハンプ付きチューブレス専用ホイールを必ず使用してください。
  • ホイールバランスの調整は、ダート路走行ではとくに必要ありませんが、舗装路を走行する場合には行ってください。
  • ラリー用タイヤは、ラリー・ダートトライアル競技用として、非舗装路、雪上・凍結路面でのグリップ性能を高めたタイヤですので、一般走行用ラジアルタイヤに比べて、騒音、振動、乗り心地、タイヤライフなどの点で劣る場合があります。
  • 他のタイヤと混用した場合は、優れた運動性能を生かせないばかりか、操縦性、安定性が損なわれる恐れがありますので、混用はしないでください。
  • タイヤの使用にあたっては、こちらの注意事項をよくお読みください。

Spec比較表

Dirt&Rally Spec比較表
※表は当社推奨の目安データです。
※表内のDZ=DIREZZAです。

How to Use

空気圧管理

適正な空気圧を把握しましょう!
タイヤの空気圧を知る上でタイヤの接地面積が大きく関わってきます。 空気圧が低いと接地面積(たわみ量)は増えますが、面圧の低下、剛性の低下によりステアリングレスポンスが悪くなったり、転がり抵抗が大きくなります。 空気圧が高すぎると接地面積が減り、グリップカが低減します。
  • ●走行前(冷問時)、走行後(温間時)の空気圧計測
  • ●計測方法:計測するタイヤの順番を決めておきましょう。
例)右フロント→右リア→左リア→左フロント ※走るコースレイアウトによって、熱のかかりやすいタイヤから計測するのが良いでしょう。

冷温時の空気圧を計測し、データを蓄積することでタイヤの性能を引き出す為のセッティングを適切に管理ができます。

温度管理

温度管理しましょう!
走行後に、計測器にてトレッド面のアウト側、センター部、イン側を計測し、各々の温度が均一であるのがベストです。もし、3ケ所の温度が均一でない場合は、タイヤ の性能が有効に使われていないと判断する事ができます。

路面状況や、各タイヤの負担度や消耗パランス、重量やサスセッティングの適正具合を読み取ることができます。

摩耗

摩耗状況をチェックしましょう!
トレッド面の摩耗状況からも様々な情報を得る事ができます。例えば、偏摩耗している場合は、タイヤの性能が有効に使われていないと判断する事ができます。 その場合は、アライメント、キャンパ一、車高、パネレートなどを見直す必要が考えれます。

タイヤのライフも摩耗状況から知る事ができます。