2019年度 モータースポーツ活動計画

2019/03/11

住友ゴム工業(株)は、2019年度のモータースポーツ活動計画を決定しました。
本年も国内外においてトップクラスのカテゴリーから入門レースや参加型競技まで幅広いカテゴリーにタイヤ供給を行い、DUNLOP(ダンロップ)、FALKEN(ファルケン)ブランドのさらなる価値向上とタイヤ開発力の強化を目指すとともに、車を楽しむファンを支え、モータースポーツの裾野を広げます。

DUNLOPは国内最高峰の四輪レースのひとつである「SUPER GT」を中心に活動し、「GT500」クラスの「Modulo Nakajima Racing」をはじめ、「GT300」クラスの3チーム計4台にタイヤを供給します。その他、「全日本ラリー選手権」、「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本ダートトライアル選手権」、「全日本カート選手権」などの幅広いカテゴリーでタイヤを供給し、各クラスでタイトル獲得を目指します。
一方、入門フォーミュラレースである「FIA-F4選手権」、「F4選手権」などにもワンメイクタイヤ供給を行うことで若手ドライバーの育成をサポートします。また、アマチュアドライバーも参戦する参加型競技の
「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」、「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ」への協賛およびタイヤの供給を継続します。

<2019年 DUNLOP 四輪モータースポーツ活動計画概要>

SUPER GT
クラス チーム 車両 ドライバー
GT500 Modulo Nakajima Racing Honda NSX-GT Narain Karthikeyan
牧野 任祐
GT300 GAINER NISSAN GT-R NISMO GT3 平中 克幸
安田 裕信
GT300 R&D SPORT SUBARU BRZ GT300 井口 卓人
山内 英輝
GT300 LM corsa LEXUS RC F GT3 吉本 大樹
宮田 莉朋
全日本ラリー選手権
クラス チーム 車両 ドライバー
JN1 LUCK RALLY TEAM SUBARU WRX 勝田 範彦
JN1 itzz Rally Team SUBARU WRX 鎌田 卓麻
全日本ジムカーナ選手権
クラス 車両 ドライバー
PN4 MITSUBISHI ランサー 茅野 成樹
SA2 HONDA インテグラ 朝山 崇
SA4 MITSUBISHI ランサー 津川 信次
全日本ダートトライアル選手権
クラス 車両 ドライバー
SA2 MITSUBISHI ランサー 北村 和浩
SC2 MITSUBISHI ランサー 吉村 修
D SUBARU BRZ 鎌田 卓麻
D MITSUBISHI ミラ-ジュ 炭山 義昭
全日本カート選手権
クラス チーム ドライバー
OK MASUDA RACING PROJECT 朝日 タ-ボ
TAKAGI PLANNING 井本 大雅
堀尾 風允
Crocpromotion 皆木 駿輔
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race
クラス チーム 車両 ドライバー
プロフェッショナル OTG Motor SPORTS TOYOTA 86 服部 尚貴
プロフェッショナル OTG Motor SPORTS TOYOTA 86 宮田 莉朋
プロフェッショナル OTG Motor SPORTS TOYOTA 86 菅波 冬悟
プロフェッショナル 和歌山トヨタ TEAM OGAWA TOYOTA 86 松本 武士
プロフェッショナル 和歌山トヨタ TEAM OGAWA TOYOTA 86 下垣 和也
プロフェッショナル RECARO 86/BRZ RACING TEAM TOYOTA 86 佐々木 孝太
プロフェッショナル RECARO 86/BRZ RACING TEAM SUBARU BRZ 新井 大輝
プロフェッショナル ネッツトヨタ兵庫レーシングチーム TOYOTA 86 坂 裕之
タイヤワンメイクカテゴリー
シリーズ名称 開催国
FIA-F4選手権 (7大会、全14戦) 日本
F4選手権 (7大会10戦、特別戦2戦の全12戦) 日本
IAME Series JAPAN 日本
DUAL ATTACK 2019 日本
FIA-F4選手権 若手ドライバー育成プログラム「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」
チーム ドライバー
OTG Motor SPORTS 大竹 将光

住友ゴム工業株式会社 ニュースリリース:2019年度 モータースポーツ活動計画を決定