HOME > TYRE > ONROAD TYRE CATALOG

DUNLOP MOTORSPORT & SPORT TYRE CATALOG ダンロップモータースポーツ&スポーツ タイヤカタログ

DIREZZA 03G

路面を的確に捉え疾走する、新プロファイル&グループを採用。
優れたグリップと高度な操作性が最速を目指す。
リム径
(inch)
偏平率
(%)
タイヤサイズ 6桁コード タイヤ寸法(mm) 標準リム幅
(inch)
S4 M5 T3 R3 H1 外径
18 30 ★285/30R18 97Y 304321
(R2)
630 285 10
★295/30R18 98Y 304319
(R2)
278049 634 299 101/2
35 ★255/35R18 94W 316733 316731
(R2)
635 262 9
265/35R18 93W 329732 329733
304323
(R2)
274981 642 279 9 1/2
40 ★225/40R18 92Y 304331
(R2)
278053 634 235 8
235/40R18 91W 304329
(R2)
281829 644 244 81/2
245/40R18 93W 321833 326808 309371 304327
(R2)
650 253 81/2
255/40R18 95W 330619
(S5)
326498 309373 304325
(R2)
660 267 9
17 40 245/40R17 91W 314995
(S3)
287737
(M2)
304337
(R2)
627 254 81/2
255/40R17 94W 330621
(S5)
326809 309369 304333
(R2)
274983 633 265 9
45 215/45R17 87W 329734 329735 304343
(R2)
276667 624 218 7
225/45R17 90W 327044 327563 304341
(R2)
276663 632 230 71/2
235/45R17 93W 287717
(S2)
287739
(M2)
304339
(R2)
274985 642 238 8
16 45 225/45R16 89W 321837 326499 309367 304335
(R2)
281733 607 228 71/2
50 205/50R16 87V 326752 327562 304345
(R2)
611 216 61/2
55 205/55R16 89V 315003
(S3)
304353
(R2)
629 217 61/2
15 50 195/50R15 82V 304351
(R2)
575 202 6
205/50R15 85V 324189 327561 304349
(R2)
274987 583 216 61/2
215/50R15 88V 304347
(R2)
595 231 7
55 195/55R15 85V 325703 326978 327009 274989
592 205 6
14 55 165/55R14 72V 327011
284255
(KH)
537 168 5
185/55R14 79V 315009
(S3)
327010 281827 558 197 6
60 185/60R14 82H 287727
(S2)
287749
(M2)
304363
(R2)
574 194 51/2
195/60R14 86H 304361
(R2)
588 206 6
13 60 175/60R13 77H 315013
(S3)
278071
(KM)
304365
(R2)
538 176 5

チューブレスタイプです。
■DIREZZA 03Gは、構造上、回転方向を指定しています。
■タイヤサイドの矢印方向とタイヤの回転方向が同一になるように装着してください。
★=EXTRA LOAD規格(負荷能力強化タイプ)です。
【EXTRA LOAD規格について】
空気圧および負荷能力をスタンダード規格の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格のことです。この規格のタイヤサイズは、スタンダード規格の同一タイヤサイズに比べ、ロードインデックスが高くなります。また、同一タイヤサイズでも空気圧に対する負荷能力を維持するためには、スタンダード規格のタイヤに比べ、高い空気圧が必要となります。当社では、輸入外車用としてEXTRA LOAD規格のタイヤサイズをラインナップしています。
=ロードインデックス(LI)は84となります。

DIREZZA 02G

瞬時のレスポンスとコントロール性能が光る、
非対称パターン&ハイグリップコンパウンド。

リム径
(inch)
偏平率
(%)
タイヤサイズ 6桁コード タイヤ寸法(mm) 標準リム幅
(inch)
M2 H1 外径
13 60 165/60R13 73H 268397 266915 525 174 5

チューブレスタイプです。
■DIREZZA 02G は非対称、非方向性の左右共用パターンです。
”OUTSIDE”の刻印側が車両の外側になるように装着してください。

FORMULA-R D93J

ダイレクションパターンによる高い排水性。
まさにウェットの定番。

リム径
(inch)
偏平率
(%)
タイヤサイズ 6桁コード タイヤ寸法(mm) 標準リム幅
(inch)
外径
18 40 ★255/40R18 99W ▲327396 664 265 9.0
18 40 ★245/40R18 97W 329995 655 251 81/2
17 45 215/45R17 87W ◉270063 627 211 7.0
16 50 ★195/50R16 88V 329996 599 200 6.0
15 55 195/55R15 85V 329997 598 207 6.0
10 70 165/70R10 72H ◉226223 488 170 41/2

チューブレスタイプです。
▲=SP SPORT D93Jです。
◉=FORMULA-R D93Jです。
DIREZZA D93Jは、構造上、回転方向を指定しています。
タイヤサイドの矢印方向とタイヤの回転方向が同一になるように装着してください。
★=EXTRA LOAD規格(負荷能力強化タイプ)です。
【EXTRA LOAD規格について】
空気圧および負荷能力をスタンダード規格の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格のことです。この規格のタイヤサイズは、スタンダード規格の同一タイヤサイズに比べ、ロードインデックスが高くなります。また、同一タイヤサイズでも空気圧に対する負荷能力を維持するためには、スタンダード規格のタイヤに比べ、高い空気圧が必要となります。当社では、輸入外車用としてEXTRA LOAD規格のタイヤサイズをラインナップしています

  • DIREZZA 03G、DIREZZA 02G、DIREZZA D93Jは、レース、ジムカーナ競技用としてサーキットでの運動性能を高めたタイヤですので、一般走行用ラジアルタイヤに比べて、騒音、振動、乗り心地、タイヤライフの点で劣る場合があります。
  • 他のタイヤと混用した場合は、優れた運動性能を生かせないばかりか、操縦性、安定性が損なわれる恐れがありますので混用しないでください。

※タイヤの使用にあたっては、こちらの注意事項をよくお読みください。

SPEC比較表

●ジムカーナでの03G、02G用途別推奨スペック表

ジムカーナでの03G、02G用途別推奨スペック表
※T3/T2はラリー競技向けターマック(舗装)用

●サーキットでの03G、02G用途別推奨スペック表

サーキットでの03G、02G用途別推奨スペック表
※T3/T2はラリー競技向けターマック(舗装)用

●スペック説明


上記は代表的な組み合わせ例を示したものです。
車種、セッティング、コンディションにより、組み合わせは変化する場合がございますので、ご注意ください。

How to Use

空気圧管理

適正な空気圧を把握しましょう!
タイヤの空気圧を知る上でタイヤの接地面積が大きく関わってきます。 空気圧が低いと接地面積(たわみ量)は増えますが、面圧の低下、剛性の低下によりステアリングレスポンスが悪くなったり、転がり抵抗が大きくなります。 空気圧が高すぎると接地面積が減り、グリップカが低減します。
  • ●走行前(冷問時)、走行後(温間時)の空気圧計測
  • ●計測方法:計測するタイヤの順番を決めておきましょう。
例)右フロント→右リア→左リア→左フロント ※走るコースレイアウトによって、熱のかかりやすいタイヤから計測するのが良いでしょう。

冷温時の空気圧を計測し、データを蓄積することでタイヤの性能を引き出す為のセッティングを適切に管理ができます。

温度管理

温度管理しましょう!
走行後に、計測器にてトレッド面のアウト側、センター部、イン側を計測し、各々の温度が均一であるのがベストです。もし、3ケ所の温度が均一でない場合は、タイヤ の性能が有効に使われていないと判断する事ができます。

路面状況や、各タイヤの負担度や消耗パランス、重量やサスセッティングの適正具合を読み取ることができます。

摩耗

摩耗状況をチェックしましょう!
トレッド面の摩耗状況からも様々な情報を得る事ができます。例えば、偏摩耗している場合は、タイヤの性能が有効に使われていないと判断する事ができます。 その場合は、アライメント、キャンパ一、車高、パネレートなどを見直す必要が考えれます。

タイヤのライフも摩耗状況から知る事ができます。