HOME > KART (全日本カート選手権)

20163/27SUN第1戦・第2戦 ツインリンクもてぎ 北ショートコース

top

カートレースの最高峰、今季も開幕
ルーキーのデビュー戦表彰台をダンロップが支える

left全日本カート選手権KFクラスの2016シリーズが3月26~27日、栃木県のツインリンクもてぎ北ショートコースで、24台の参加を集めて開幕を迎えた。ダンロップは今季、この選手権でタイヤサプライヤーとして9名のドライバーをサポートする。
快晴に恵まれたもてぎ大会の初日、タイムトライアルを経て行なわれた第1戦の予選ヒート。15歳のルーキー角田裕毅は4番グリッドからスタートすると、レース中盤から確実に順位を上げてトップに浮上。その後も危なげなく先頭の座を守り切り、KFクラスのデビュー戦で見事ポールポジションを獲得した。3番手でゴールしたのは、5番グリッドからふたつ順位を上げた菅波冬悟だ。
right 一夜明けて行なわれた第1戦の決勝。角田は先頭のままスタートすると、後続をやや引き離して堂々のトップ走行を披露する。その後は2台の先行を許した角田だったが、3位でチェッカーを受け、国内カートレース最高峰のデビュー戦で表彰台に立った。今季からダンロップ・ユーザーとなった菅波も先頭集団に食い下がり、4位フィニッシュと奮闘を演じている。
引き続き行なわれた第2戦でも、角田は予選を1位でゴールして、2戦連続でポール獲得に成功する。そして迎えた決勝。1周目に2番手へ下がった角田は、あくまで優勝を狙って積極的なバトルを展開。結果は6位に終わったが、初めて走るKFクラスで光る才能をアピールしてみせた。また、宮田莉朋は9番グリッドから5つ順位を上げて4位に入賞。朝日ターボも苦境の中で粘り強い戦いを続け、このレースを5位でフィニッシュした。

DSC_2857

大小瀬 求

住友ゴム工業株式会社 ダンロップ モータースポーツ部

SAW_0241 新しいシリーズの開幕戦となった今回の大会は、この時期のコースコンディションや各チームのマテリアルへの合わせ込みの面で難しい部分がありました。そういう中でも、やれることをすべてやってきたと思います。今回のレースでいろいろな課題を見つけることができました。次のフェスティカサーキット瑞浪は、昨年ダンロップ・ユーザーが表彰台のすべての席を独占したコースです。今年もそれを再現できるように全力を尽くします。
Tsunoda_f

34

角田 裕毅Yuuki TSUNODA

タイムトライアル 4番手
第1戦予選 1番手 / 決勝 3位
第2戦予選 1番手 / 決勝 6位

Tsunoda第1戦は自分がタイヤをうまく使えれば優勝を狙えるレースだったので、3位は悔しい結果です。第2戦では絶対に優勝したいと思っていたので、厳しい状況でも勝負にいきました。タイヤを意識しながら走る必要があるKFクラスは、楽しいですね。
Miyata_f

3

宮田 莉朋Ritomo MIYATA

タイムトライアル 8番手
第1戦予選 7番手 / 決勝 12位
第2戦予選 9番手 / 決勝 4位

Miyataタイヤテストでは2015年型のカートを使ったのですが、今回は2016年型を使いました。その特性の違いが、タイヤとカートとのマッチングに悩まされた原因だったのかもしれません。次のレースでは全力を尽くしてダンロップの勝利に貢献したいと思います。
Asahi_f

4

朝日 ターボTurbo ASAHI

タイムトライアル 6番手
第1戦予選 6番手 / 決勝 10位
第2戦予選 4番手 / 決勝 5位

Asahi第1戦では予想していなかったほど順位を下げることになりました。それを修正して臨んだ第2戦では、厳しいと分かっているコンディションの下でも予想していたほど順位が下がらず、自分たちがやってきたことが間違いではなかったと確認できました。
Sawada_f

2

澤田 真治Shinji SAWADA

タイムトライアル 14番手
第1戦予選 8番手 / 決勝 21位(リタイア)
第2戦予選 10番手 / 決勝 15位

Sawada今回はKFクラスに参戦して以来、最も厳しいレースでした。練習のタイムは悪くなかったのですが、流れの悪さを断ち切れませんでした。次回は去年優勝しているコースですし、いいタイヤ作りにしっかり貢献して、自信を持って臨みたいと思います。