HOME > SUPER GT

201610/9SUN第7戦 チャン・インターナショナル・サーキット

A28D8093

Epson NSX CONCEPT-GTが今季初のQ2進出で予選8番手を獲得。
決勝も今季ベストの5位フィニッシュ!

10月8〜9日、SUPER GTシリーズ2016の第7戦、「BURIRAM SUPER GT RACE」がタイのチャン・インターナショナル・サーキットを舞台に開催された。今年もダンロップはGT500に、長い関係を築き上げているNAKAJIMA RACINGの「Epson NSX CONCEPT-GT」(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)で挑む。今シーズンは、しぶとく全戦で完走は果たしているものの、入賞は第2戦富士での10位が一度きり。苦境から脱するべく、ホンダ陣営としてもシリーズ中盤戦から全車にエンジン、シャシーの大胆な改善を行ったが、劇的な効果を得るまでには至っていない。前回の鈴鹿では予選で9番手につけ、長丁場のレースで徐々に順位を上げていくことが期待されたが、予選と決勝レースとであまりにもコンディションが異なってしまったことで、最後まで本領を発揮できずに11位に留まった。とはいえ、ランキングトップがウエイトハンデの上限100kgにも達し、ほぼ半数のチームがドライバーひとり分ほどのウエイトを積む中、わずか2kgのウエイトであることは不名誉ではあるものの、逆襲をかけるに絶好の材料なのではないだろうか。
ちなみに決勝でこそ満足のいく結果は残せていないが、予選は2年連続で5番手と、チャン・インターナショナル・サーキットとは相性のいいことが、そんな思いに拍車をかける。

富士スピードウェイに勝るとも劣らぬ高速サーキット、それがチャン・インターナショナル・サーキットにおける最大の特徴だと言える。また、日本はもうすでに秋の気配をすっかり抱かせているのに対し、ここタイは常夏の国。当然、厳しい暑さが強烈なライバルとなることも大いに予想されていた。

しかし、まだ10月までは雨季ということで、つき物でもあるスコールに土曜日の未明に見舞われた。その一方で気温は思ったほど高くなく、タイらしからぬ状況となっていた。その公式練習ではバゲットがQ2進出のボーダーラインとなる8番手につけて、午後の予選に期待をつなぐこととなった。

予選を前に黒い雲が広がってきて、スコールの観測はあったが、結局はスタート前に少しぱらついただけで、セッションは完全なドライコンディションで行われた。Q1を担当したバゲットは、期待に応えて渾身のアタックを見せ、公式練習以上となる5番手にまでポジションを上げる。続くQ2に挑んだ中嶋も、チームの期待を一身に背負ってアタックをかけるも、バゲットの出したタイムを上回ることができず8番手に順位を落としてしまう。

「もともと僕たちはタイのコースを得意としていたので、自信を持っていました。パートナーの奮闘で今年初めてQ2に進出できましたが、自分自身100%出し切れなかったのかな、と。悔いは残りますが、今年これまでの結果と比べると、かなり良いところにいるので、決勝ではなんとかポイントをたくさん獲りたいです」と、中嶋は上位入賞への期待を口にした。

日曜日は土曜日以上に晴れ間が顔をのぞかせ、結果的に気温も路面温度も予選に比べると確実に上昇。ドライバーにもクルマにも、そしてもちろんタイヤにもタフな戦いが始まることになる。決勝には今季ベストの8番手グリッドからスタートした「Epson NSX CONECEPT-GT」だが、実はスタート前に、ちょっとしたハプニングがあった。それは予選時にフラットスポットを作ってしまった右フロントタイヤを、安全性を確保する見地から別のタイヤに交換する必要があったのだ。

これはチームからの要請で、タイヤメーカーからレースシリーズを統括するGTアソシエーション(GTA)に申請し、許可してもらう必要がある。こうした一連の作業を経て許可を得た「Epson NSX CONECEPT-GT」は何事もなかったかのように、レースをスタートしていった。

スタートを担当したのはバゲット。ポジションキープしたままオープニングラップを終えたが、すぐに1台をパスして5番手にポジションアップする。その後、後方から追い上げてきたクルマにパスされて、スタート時と同じ6番手に戻すが、その後は安定したペースで周回を重ねていった。
そして27周を走り終えたところでピットイン。後半のスティントを担当する中嶋に交替した。ガソリン補給とタイヤ交換を手際よく済ませ再スタートしていった中嶋もまた、着実に周回を続けていく。最後は、ひとつポジションを上げて5位でチェッカー。今季ベストリザルトを記録し、笑顔で帰国することになった。
「ようやくレースらしいレースができました。もともと来る前からタイは比較的、僕らのタイヤとクルマに合っているのは分かっていたんで、僕らみんな、期待して来たわけですけど、繰り返しになりますが、ようやくレースらしいレースをして5位になりました。良かったです。でも、まだまだもちろん、頑張ります。もてぎとは相性がいいと思うんですけど、変に気張らず、仕切り直しという気分で行こうかと思っています」(中嶋)

「去年も一昨年も、実は予選でホンダ勢のトップで、決勝もいいペースで走っていたのに、接触で順位を落としたりしていたので、結果が残っていなかったんですが、これまでの結果を信じてタイヤを持ち込んで、チームもセットアップを、ドライバーも走りを頑張ってくれました。まずまずの予選結果だったかな、と思っています。決勝もこれまでのレースではグリップダウンがあり、順位を落とすことも多かったんですが、今回は最後まで安定して走れて、上位でずっとレースができたので、やっとスタート位置に立ったのかな、という感じです。次のもてぎは、また状況は変わると思うんですが、同じように上位争いができるように頑張りたいと思います」(ダンロップモータースポーツ/斉脇課長)