HOME > SUPER GT

201511/1SUN第7戦 オートポリス

Epson NSX CONCEPT-GTが、3列目スタートとなる予選5番手を獲得
微妙な路面コンディションの中で、決勝は10位でフィニッシュ!

10月31日〜11月1日、SUPER GTシリーズの第7戦、「SUPER GT in KYUSHU 300km」が大分県のオートポリスで開催された。ダンロップとともにGT500を戦う、NAKAJIMA RACINGの「Epson NSX CONCEPT-GT」(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)は、第5戦の鈴鹿サーキット、そして前回のスポーツランドSUGOで、予選は2戦連続で3番手につけるなど、スピードには一層の磨きがかかるようになってきたが、決勝のチェッカーが遠い。鈴鹿ではようやく初入賞を果たし、波に乗ったかと思われたものの、SUGOではまたしてもトラブルを抱えてリタイアを喫している。シリーズは残り2戦、何としてもオートポリスで結果を残したいところだ。

 これまでオートポリスのSUPER GTは夏場に開催されてきたが、今シーズンはスケジュールの変更により、シーズン終盤の開催となり、秋が深まる中での戦いとなった。
通常どおり走行は土曜日から開始され、まずは1時間45分間の公式練習が行われた。最初に「Epson NSX CONCEPT-GT」のステアリングを握ったのは中嶋だったが、なんと開始早々に第1ヘアピンでコースアウト。即座に赤旗が出されて、計測は中断される。マシンの修復に約1時間を要したものの、セッション後半に再びコースへ戻った。チームはセットアップを進め、ピットインを繰り返しながら12周を走り、バゲットが1分34秒14で9番手につけることとなった。
午後には公式予選が行われ、Q1を担当したバゲットが7番手タイムとなる1分33秒937をマークしてQ2進出を決め、続いてアタックした中嶋も攻めの走りで1分33秒644という好タイムを記録して、3列目からのスタートとなる5番手というポジションを獲得する。
「公式練習ではクルマを壊して、チームに迷惑をかけてしまいましたが、なんとか挽回してメカニックのみんなの頑張りに報いられて良かったです。正直なところ、5番手というのは想定以上の結果でした」と中嶋。
翌日曜日には朝から曇りとなり、気温も下がったため、肌寒い気候の中で30分間のフリー走行が行われた。土曜日に比べると、路面温度もかなり下がっていたものの、決勝レースに向けて走り込みを行った。決勝スタート時のサーキット上空は厚い雲に覆われ、いつ雨が降り始めてもおかしくない状況にまでなっていた。

スタート担当のバゲットはオープニングラップでふたつ順位を落とすも、その後はしっかりとポジションをキープ。だが、雨がついに降り始めるとペースが鈍って、11番手にまでポジションを落とす。そこで予定を少し早めて32周目に中嶋とバトンタッチ。

ひとつでも上のポジションでのフィニッシュを果たすため、懸命に周回を重ねていった。だが、タイヤのピックアップ(タイヤの表面にタイヤカスがついて、振動を起こす症状)の影響で、終盤になってペースを落とさざるを得ず。とはいえ、それまでのペースはトップグループとも遜色なかっただけに、「走りに関しては十分に手応えを感じていましたし、トップ争いをしていた2台と引き離されずに走れたので、ピックアップによってペースを上げられなくなってしまったのは残念でなりません」と中嶋は悔しそう。それでも終盤になって雨がやや勢いを増してきたこともあって、再び順位を上げることにも成功。最終的には10位でチェッカーを受け、1ポイントを獲得した。バゲットも「決勝レースでは苦戦してしまいましたが、今回の予選5番手獲得は、チームにとってポジティブな出来事だったと思います」とレースを振り返った。 「今回はピックアップの問題が出てしまい、ペースが上げられなくなったので、来年のオートポリス戦で同じことにならないよう、今後対策していきたいと考えています。ただ、予選では5番手タイムを出すことができたので、その点については良かったのではないでしょうか。最終戦のもてぎではウエイトハンデがなくなるので、その状況の中で予選でのトップ獲得を目指したいと思っています」と語るのはモータースポーツ部の斉脇課長。残り1戦となった今シーズンのSUPER GT、なんとか有終の美を飾って締めくくりたいところだ。