HOME > SUPER GT

20159/20SUN第6戦 スポーツランドSUGO

予選でまたも速さを見せたEpson NSX CONCEPT-GT
3番手スタートも、トラブルで無念のリタイア

9月19〜20日、SUPER GTシリーズの第6戦、「SUGO GT 300km RACE」が宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。ダンロップとともにGT500を戦う、NAKAJIMA RACINGの「Epson NSX CONCEPT-GT」(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)は、前回の鈴鹿サーキットでのレースで予選3番手を獲得し、決勝でも一時はトップを走行。しかしながら、その後のコンディション変化に翻弄され、9位にまで順位を落としたものの、待望の今季初入賞を果たすこととなった。ランキングトップはウエイトハンデの上限にも達する中、ようやくウエイトを詰めるようになったとはいえ、わずか6kgは引き続き大躍進を果たすに絶好の機会と言える。純粋な速さは完全に取り戻せただけに、今度こそライバルに一泡吹かせることが大いに期待された。

 2015年のシリーズも終盤戦に突入。SUGOでのSUPER GTは長く7月に開催されていたが、今シーズンは開催スケジュールが変更され、第6戦として9月に開催されることになった。レースウィークの金曜日は雨が舞う、はっきりしない天候となっていたものの、実際の走行が行われる土曜日には次第に天候は回復し、公式予選は曇りがちながらも青空が見えるという天候となった。
予選に先駆けて午前中に行われた公式練習では、開始早々はウェット路面となっていたため、ウェットタイヤで走り始めたが、次第に路面が乾いてきたことから、早々にドライタイヤが投入される。ふたりのドライバーは快調なペースで周回を重ね、中嶋が早い段階から1分13秒台のタイムを出すと、その後バゲットがトップから約コンマ3秒遅れの、1分12秒579をマークして、7番手でセッションを終えた。
そして、土曜日の午後には公式予選が行われ、Q1を担当したバゲットが1分12秒146を出して、Q2進出を決めると、続く中嶋も1 分12秒049をマークして3番手となり、前回の鈴鹿1000kmに続いてセカンドロースタートの権利を獲得することとなった。

そして迎えた決勝日。青空が見える好天の中で81周の決勝レースのスタートが切られた。スターティングドライバーを務めたバゲットは、後続のマシンとのバトルを繰り広げ、まずは3番手をキープしながら、上位2台を追いかけるレースを展開していく。しかし、そのバトルの際にコースアウトしてしまい、サスペンションに損傷を負うことになってしまった。
その後、マシン後方から煙も出たため、23周目に緊急ピットインを余儀なくされる。マシンチェックと給油、タイヤ交換を済ませてコースに戻ったが、トラブルは解消されず、わずか2周で再びピットへ……。チームは懸命の修復を試みるが、予想以上にダメージは大きかったため、惜しくもリタイアとなった。

 中嶋は「マシン、そしてタイヤは今回トップクラスで、十分に表彰台を狙える内容だっただけにとても残念です。予選、決勝ともに僕たちの実力が上がってきていることは間違いないので、今後のレースに向けてはポジティブに考えたいと思います」とコメント。そして、バゲットは「マシンの状況は良く、タイヤについても問題はありませんでした。今回は3番手からのスタートだったので、この結果は残念です」と語っていた。
「SUGOでは合同テストと、もう1回テストをしていたので、その時に確認したタイヤを今回のレースに持ち込みました。テストの時にはかなり気温も路面温度も上がっていたのですが、気温が下がることを想定したコンパウンドを持ち込み、構造についてもテストの際に確認したものを持ち込んだところ、予選では中嶋選手の頑張りもあって3番手を獲得できました。ただし、セクタータイムのベストをつなぐと、ポールポジションタイムも見えていたので、決勝は内心期するところがあっただけに、アクシデントはちょっと残念でした。タイヤとしては、トップを狙っていけるところまで来たと思っていますので、残りはあと2戦ではありますが、さらに上位を目指していきたいと思います」と振り返ったのは、ダンロップモータースポーツ部の斉脇課長。
その言葉どおり、チーム、ドライバーともども手応えは確実に感じているだけに、第7戦のオートポリス、そして最終戦のツインリンクもてぎでは間違いなく一矢報いてくれるはずだ。