DIREZZA ATTACK ONLINE

車両規則書

参加車両(保安基準に合致したナンバー付き乗用車)

本イベントに参加できる車両は、保安基準に適合し、有効な自動車検査証を有する乗用車であることを必須とする。改造範囲によって、クラス毎でNかRのサブクラスに分類する。

1 共通事項

  1. 音量をはじめ、灯火類に対する飛散防止対策や牽引フックの装着などは、すべて走行するサーキットのルールに従ってください。
  2. DIREZZA ATTACK ONLINEとDIREZZA CHALLENGEでは車両のクラス分けや車両改造に対する規則が異なります。
  3. 使用可能なタイヤはDIREZZA ZⅢを筆頭に、公道走行の許されるダンロップブランドの国内にて
    一般市販されているラジアルタイヤとする。通称Sタイヤ、スリックタイヤ等の競技専用タイヤ、また、DUNLOP DIREZZA β02は使用不可とする。
  4. エンジンフードとトランクリッドは変更可能とする。
  5. タイヤはフェンダー内に収まっていること。タイヤがフェンダーの上部からはみ出ていてはならず、フェンダーの上端部からオモリの付いた糸を垂らし、タイヤとリムの上部が接触してはならない。
  6. タイヤを逆組してはならず、正しく装着していること。

2 サブクラスNについて

  1. 内装に関しては原則としてノーマル状態とし、シートを含む内装を撤去してはならない。
    但し、ロールバー取り付けや大きなスピーカー取り付け、バケットへの変更などのための小加工は可能とする。
    但し、車検証の乗車定員が変更されていたとしてもリヤシートを撤去した場合、Rクラスとする。
  2. エアコンを撤去してはならず、正常に稼働しなければならない。なお、生産時にエアコンが装着されていない車両は全てRクラスとする。
  3. カーオーディオを撤去してはならず、正常に稼働しなければならない。
  4. フェンダーは、社外品パーツの使用やツメ折り加工によって、片側+10mmまで広げてもよい。
    但し、フェンダーの変更や加工により5ナンバー枠から出てしまう場合、3ナンバーへの変更が必要となる。
  5. アンダーパネルはボディからせり出してはならない。
  6. カナードは装着してはならない。但し、エアロバンパーにカナード形状が一体型として組み込まれている場合、バンパーの一部と見なす。
  7. GTウィングの取り付け位置は、いかなる場合も車両の全長および全高を超えてはならない。
    また、ステーの高さが200mm未満の場合は翼端版を含めてウィングの幅が車幅と同じ、ステーの高さが200mm以上の場合は翼端版を含めてウィングの幅が車幅に対して片側165mm以上内側に入っていなければならない。
  8. ドア、ルーフ、リヤハッチ、ガラス交換に関して、すべてのドアおよびガラスの変更は不可とする。
  9. 車高はドライバーが降車した状態の走行状態で最低地上高90mmを確保していることとする。
  10. 過給機が標準装備されている車両に関して、タービンの変更は不可とする。
  11. エンジンの換装は不可とする。

3 サブクラスRについて

  1. アンダーパネルのせり出しはバンパーの際に沿って50mmまでとする。
  2. カナードは脱着可能なものであれば取り付け位置より50mmまでとする。
  3. ガラス交換について、フロントスクリーンとフロントドア両方とも変更してはならない。但し、補修用の社外純正パーツは可。
  4. ドアについて、フロント両側のものは交換してはならない。
  5. 純正がNAである車両に過給機を取り付けた場合はR車両となる。但し、86/BRZ用にキットとして発売されているものを省く。
  6. メインフレームを切断するなど、車両骨格の改造は不可とする。
  7. エンジンの換装は搭載エンジンの型式が車検証と合致していれば可とする。
  8. 車高は、サーキットに到着してからサーキット走行用に変更可能とする。

4 クラス分けについて

CLASS1 排気量が1900cc以下の車両と、1900cc以下のFWD車両。
但し、RE(ロータリーエンジン)及び過給器が付いている場合は1.4倍の係数が掛かります。
REターボの場合は「搭載されているエンジンの排気量×1.4×1.4=排気量」となります。
排気量換算の結果1900cc以下であれば、過給器が装着されていてもクラス1となります。
CLASS2 排気量が1901cc以上でNAエンジン搭載のRWDとFWD車両。
CLASS3 排気量が1901cc以上で過給器付きエンジン搭載のRWD車両。
CLASS4 排気量が1901cc以上の4WD車両。
86/BRZ 過給機を装備していないトヨタ86とスバルBRZ。

注意点

  • 必ず、車検証の原本を持参してください。
  • すべてのクラスにRクラスとNクラスが存在します。
  • RクラスにもNクラスにもタイヤサイズ規制はありません。
  • 再車検時に排ガス検査をする場合があります。

5 特別規定車両

  1. ホンダ・シビックタイプR(EK9)、ホンダ・インテグラタイプR(DC2)は、1N範囲内での改造度合に関わらず1Rクラスとする。過給機を装着した場合は、係数計算の対象とする。
  2. クラス3に該当する車両で、2002年以前に生産されたものは、改造度合に関わらず3Rクラスとする。
  3. ロータス・2-イレブンは、改造度合に関わらず4Rクラスとする。
  4. スーパーチャージャーを標準装備したロータス・エキシージ(エキシージ S等)は、改造度合に関わらず3Rクラスとする。
  5. クラス4に該当する車両で、2004年以前に生産されたものは、改造度合に関わらず4Rクラスとする。
  6. トヨタ・86およびスバル・BRZで、専用のスーパーチャージャーキットを装着した場合、3Bクラスとする。