2017年度 DUNLOPモータースポーツ活動計画を決定

2017/03/14

住友ゴム工業㈱は、2017 年度の DUNLOP モータースポーツ活動計画を決定しました。本年も国内外において幅広いカテゴリーにタイヤ供給を行い、ブランド価値のさらなる向上を目指すとともに、モータースポーツの発展に貢献します。

<四輪モータースポーツ活動>
国内においては、最も人気の高いレースのひとつである「SUPER GT」を中心に活動し、「GT500」クラスの「NAKAJIMA RACING」をはじめ、「GT300」クラスでは「GAINER」、「R&D SPORT」、昨年チームランキング3 位を獲得した「Audi Team Hitotsuyama」の計 4 チーム 5 台にタイヤを供給します。 その他、「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本ダートトライアル選手権」、「全日本ラリー選手権」などの幅広いカテゴリーでタイヤを供給し、各クラスでタイトル獲得を目指します。また、「全日本カ ート選手権」では国内カートレース最高峰の「OK」クラスに参戦する車両にタイヤを供給します。一方、入門レースである「FIA-フォーミュラ 4」、「フォーミュラ 4」、「X30 Challenge Japan」などにもワンメイクタイヤ供給を行うことで若手ドライバーの育成をサポートします。また、参加型モータースポーツの「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」、「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ」に協賛およびタイヤの供給を通じて、車を楽しむファンをサポートし、モータースポーツの裾野を広げます。
海外においては今年から、アルゼンチンで人気の高い「TOP RACE V6 SERIES」にワンメイクタイヤ供給を開始します。

チーム、選手の情報など詳しくは、住友ゴム工業株式会社 公式サイトをご覧下さい。
住友ゴム工業株式会社 公式サイト ニュースリリース

japan Domestic Race

DUNLOP MOTORSPORT CHANNEL